レーシックは人気のある安全な視力矯正治療です
TOP >> 眼の仕組み >> 乱視の仕組み
乱視の仕組み
 

乱視は、近視や遠視と同じように屈折異常の1つですが、その性質は全く異なっています。

近視や遠視の場合には、焦点の位置がズレる屈折異常で、基本的に焦点は集約されています。しかし、乱視の場合には、焦点が集約されないことによる屈折異常になります。


屈折異常の併発
 

近視と遠視は、網膜に対して焦点が近いか遠いかの違いによるため、近視と遠視が併発することは有り得ません。

しかし、乱視の場合は焦点が合っていないという屈折異常の為、「近視+乱視」「遠視+乱視」という症状が現れます。


乱視の原因
 

乱視が起こってしまう原因は、屈折を起こす角膜や水晶体の形状が歪んでしまうことにあります。
実際には、水晶体による乱視は症例が少なく、殆どの場合には、角膜の形状異常による乱視だと言われています。

角膜は通常、正面から見た時に円形をしており、断面の形状も上下左右対称に綺麗な曲線を描いています。

しかし、乱視の場合には、楕円形をしていたり、綺麗な曲線になっていないことにより異常屈折が起こってしまいます。

正面から見た形状が楕円形などになっている乱視を「正乱視」と呼び、その楕円の方向によって「直乱視」「倒乱視」「斜乱視」と呼ばれています。

また、断面の形状が曲線を描かずに表面が凸凹している乱視を「不正乱視」と呼び、正乱視のように、眼鏡やコンタクトでは完全に矯正することは困難になります。



眼の仕組み
 
 
2007© 視力回復.com .All Rights Reserved