レーシックは人気のある安全な視力矯正治療です
TOP >> 眼の仕組み >> 近視の仕組み
近視の仕組み
 

近視は、“近くしか見えない”状態だと言えます。

近視には、「軸性近視」と「屈折性近視」がありますが、どちらも網膜より焦点が手前の(近い)場所に結ばれることによって視力の低下が起こります。

つまり、軸性近視の場合、正視と比べて焦点の位置は変わりませんが、網膜の位置が後方に伸びてしまっていることにより、網膜より焦点が近い位置に来ています。


一方、屈折性近視の場合には、網膜のの位置は正視と変わりませんが、屈折が強すぎることにより、網膜より焦点が近い位置に来ています。


軸性近視
 

眼球の形が通常よりも前後に長く、網膜の位置が焦点よりも後ろになってしまうことによる近視です。

これは、主に成長の過程において眼球が成長し過ぎてしまったことにより起こる近視だと言われています。また、焦点が合わないことによる視力の問題だけでなく、眼球が楕円形になることで網膜が引き延ばされる形になり、網膜が薄くなることから網膜剥離の危険性が高いと言われています。


屈折性近視
 

光が屈折される角膜や水晶体の屈折力が強すぎることによって、焦点が網膜の手前に結ぶ状態によって近視になるものです。

これは、網膜の形状が球状であることが前提で、屈折異常によって焦点が前方に位置していまうというものです。

光の屈折は角膜と水晶体で起こりますが、角膜は基本的に形状が変化せず、屈折率の調整は水晶体によって行われます。

一般的には、水晶体による調節機能の低下だと言われていますが、実際には、角膜の形状が歪んでいることによる屈折異常もあります。


仮性近視
 

眼の疲労などにより一時的に近視の状態になってしまう近視を「仮性近視」と呼びます。この仮性近視は、屈折異常や眼軸異常による近視ではない為、「偽近視」「調節緊張性近視」とも呼ばれ、専門家によっては、近視とせずに「調節緊張」と呼ぶ場合もあります。



眼の仕組み
 
 
2007© 視力回復.com .All Rights Reserved