レーシックは人気のある安全な視力矯正治療です
TOP >> レーシックの種類 >> PRK
PRK
 

PRKは、エキシマレーザーを使って角膜の厚さを調整するという意味においては、レーシックに分類されますが、PRKの手術ではフラップを作成せずに角膜屈折矯正を行う手術法になります。


「レーシック」の分類
 

角膜は、角膜上皮、ボーマン層、角膜実質などの5層から成り立っていますが、レーシックを大きく分けると角膜実質で切れ込みを入れる「ケラトームレーシック」「イントラレーシック」と、角膜上皮のみに切れ込みを入れてボーマン層ごとレーザーを照射する「エピレーシック」「ラセック」などに分けられます。

一般的には、これらのレーザーを使った視力矯正手術を「レーシック」と言いますが、学者や医師によっては前者のみを「レーシック」としている場合もあります。

PRKは、レーザーを使い角膜の厚さを調整することで視力矯正を行う為、一般的には「レーシック」に分類されますが、“フラップを作らない”という意味において「レーシック」と分類されないこともあります。


PRKの内容
 

フラップを作成する行程が
“角膜上皮の除去”になります。
 
通常のレーシックとの違い
“治療用コンタクトの装着”
が必要になります
PRKには大きく2つの方法があり、角膜上皮を予め除去してから、レーザーの照射を行うものと、角膜上皮ごとレーザーを照射してしまう方法です。
これらは、「どちらの方が良い」ということで意見が分かれるため、一概に甲乙を付けることはできません。

この2つの方法は、角膜上皮の除去法の違いであるため、その後の治療は同じ行程になります。

角膜上皮の除去が終わったのち、ボーマン層と角膜実質を削る作業になります。この作業はエキシマレーザーで行われる為、予めプログラムされている深さなどに自動で削られます。

この治療が終わると、通常のレーシックではフラップを戻す作業になりますが、PRKの場合はフラップが存在しないため、治療用のコンタクトで患部の保護を行います。

この治療用のコンタクトは、角膜上皮が再生されるまでの間、装着していることになりますが、通常では3〜4日程度で外すことが出来ますが、再生が遅い場合は1週間程度装着している場合もあります。


PRKの特徴
 

PRKは角膜上皮を完全に再生させる為、眼球の強度を保つことが出来るとともに、通常のレーシックに比べ視界がクリアになります。

ただし、再生時に角膜上皮が混濁する場合があり、この症状は通常のレーシックでは殆ど発生しないことから、PRKのデメリットの一つにもなっています。



PRK実施お勧めクリニック Best3
神奈川クリニック
料金:23万円(税込)
エキシマレーザー『コンチェルト』を使用したPRKです。3年間の無償追加矯正付き。
神奈川クリニックでは、いち早くクリーンルームを取り入れ、すべての術式をクリーンルームで行っていますので、2000年開院以来感染症ゼロを誇ります。
土曜:24万円〜
 
〒163-1335 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー35F
〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3-16-27 栄パークサイドプレイス4F
〒530-0004 大阪府大阪市北区堂島浜1-4-4 アクア堂島東館7F
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神2-8-38 協和ビル9F・10F(受付)
詳しくは…
神戸クリニック
料金:30万円(税込)
全国4院でPRKの施術を受けられます。
他の医院との大きな違いは『生涯保障制度(トータルケアサービス)』にあります。どんな手術でも個人差があるために、100%はありません。神戸クリニックはそこに患者様の不安の種を見出し、万一の場合でも、生涯にわたってフォローする万全のサポート体制をご用意しています。
〒060-0061 北海道札幌市中央区南1条西4-20-5 札幌エスワンビル3F
〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエア7F
〒530-0001 大阪市北区梅田1-12-17 梅田スクエアビルB2F
〒650-0021 兵庫県神戸市中央区三宮町1丁目9-1 センタープラザビル東館地下1F
〒802-0007 福岡県北九州市小倉北区船場町2-6 オリエントキャピタルプラザ1F
詳しくは…
レーシックの種類
 
 
2007© 視力回復.com .All Rights Reserved