レーシックは人気のある安全な視力矯正治療です
TOP >> レーシックの種類 >> ケラトームレーシック
ケラトームレーシック
 

「ケラトームレーシック」というのは、様々なレーシックの基本となっているレーシックで、単に「レーシック」といった場合には、この「ケラトームレーシック」を指します。

この方法は、「マイクロケラトーム」というカンナ状の電動メスを使用する方法で従来から普及している為、最も実績が多い方法です。

かつては、マイクロケラトームの精度が低かったこともあり、様々な問題も起きましたが、年々、精度の高いものに移行している為、現在では安全性の高い術法になっています。


マイクロケラトームの問題点
 

近年の機械は、精度が高く、マイクロケラトームを使った手術でも安全性が極めて高くはなっていますが、問題点もあります。

マイクロケラトームを使ったレーシックの場合、機械の精度が非常に重要になってきますが、それと同様に、執刀医の技量にも大きく左右されるという問題点があります。


また、フラップのエッジも大きな問題点の1つになっています。

マイクロケラトームの刃は角膜面に斜めに入っていき、角膜を切り取ります。その為、フラップの切断面は斜めに作られます。

エキシマレーザーの照射後、このフラップを戻すことになりますが、レーザーの照射により角膜が削られる為、フラップの大きさとフラップが吸着する面積に若干の誤差が生じることになります。

フラップの切断面が斜めである為に、フラップが吸着した際に誤差分フラップのエッジがはみ出てしまい、眼球にわずかな段差が生まれることになります。

フラップの吸着が強ければ何の問題もなく治癒することになり、治癒するに従って段差も無くなるようですが、吸着が弱い場合には、まばたきを繰り返すことで、段差がきっかけとなり、治癒する前にフラップがずれてシワなどになる可能性が生まれてしまいます。



ケラトームレーシック実施お勧めクリニック
神奈川クリニック
料金:9.8万円(税込)
CR(クリーンルーム)でALLEGRETTO WAVE EYE-Q ブルーラインを使用したケラトームレーシックです。ウェーブフロント照射無料(専用の検査有)。 3年間の無償追加矯正付き!
また、エキシマレーザー『コンチェルト』での施術も行っています(17.7万円)。
ケラトームレーシックに関しては、曜日割引なしです。
〒163-1335 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー35F
〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3-16-27 栄パークサイドプレイス4F
〒530-0004 大阪府大阪市北区堂島浜1-4-4 アクア堂島東館7F
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神2-8-38 協和ビル9F・10F(受付)
詳しくは…
レーシックの種類
 
 
2007© 視力回復.com .All Rights Reserved