レーシックは人気のある安全な視力回復治療です
TOP >> レーシックの基礎 >> レーシックの適応・不適応
レーシックの適応・不適応
 

レーシックは、手術による視力回復法である為、利用者の状態によっては手術を受けることが出来ません。手術を受けることが出来ない主な理由としては、感染症になる危険性が高い場合や、レーシックによる効果が低い場合や期待出来ない場合などです。 その為、手術の前には入念な検査を行い、手術に適合するかどうかをチェックします。


レーシック手術の不適応要因
 

レーシックを受けることが出来ない主な要因として、下記のような場合が考えられます。

  • 円錐角膜、アレルギー性結膜炎、強度のドライアイの場合
  • 円錐角膜やアレルギー性結膜炎などのように、角膜に異常がある場合、角膜を治療するレーシックを受けることは出来ません。また、レーシックによってドライアイになる可能性が高い為、ドライアイを悪化させることになってしまいます。

  • 角膜が極度に薄い場合
  • レーシックは角膜を切除することで視力矯正を行う為、切除出来るだけの角膜が無いような極度に薄い場合には、手術を行うことが出来ません。

  • 角膜に疾患や異常がある場合
  • 角膜に疾患や異常がある場合には、手術によって悪化させてしまう危険性や、感染症になってしまう危険性が高いため手術を行うことが出来ません。

  • 白内障・緑内障・網膜はく離など、眼の病気がある場合
  • 眼の病気がある場合も、上記と同じ理由によって手術を行うことが出来ません。

  • 全身性血管炎、糖尿病、膠原病、重症アトピーなど、全身の病気がある場合
  • 全身の病気がある場合には、手術後の経過に大きな影響を与える危険性が高いため、手術を行うことが出来ません。

  • 20歳未満の場合(医院により18歳としている医院もあります)
  • 身体が成長期にある場合、手術後に視力低下が進行してしまう可能性が高いため、成長期が止まってから手術を行います。

  • 強度近視の方(近視度数−14D、乱視度数−6.0Dより強い)
  • 切除する角膜の厚さが許容量を超えてしまう程の矯正が必要な場合には、レーシックのみでの視力矯正は出来ません。

  • 運転手や格闘家、パイロットなど、職務に支障をきたす恐れがある場合
  • レーシックは、角膜の強度が低下してしまいます。また、ハロ・グレア現象などが起こってしまう可能性もあり、これらの症状が業務に支障を来す場合にはレーシックを受けることが出来ません。

  • 老眼の快復が目的の場合
  • 老眼は老化現象によって起こる視力低下の為、レーシックでは老眼を快復させることは出来ません。

  • 花粉症などにより、術後に眼をこする恐れがある場合
  • 手術後に眼をこする危険性がある状態の時には、完全に治癒する前に角膜がズレるなどの障害が起こる危険性が高いため、レーシックを受けることが出来ません。

  • その他、何らかの理由により担当医師が不適切と判断した場合

いずれにおいても、症状が改善して検査結果に問題が無ければ、手術を受けられる場合があります。
また、レーシックを受けることが出来ない場合でも、他の視力矯正法を行うことが出来る可能性がある為、これらの症状がある場合には、担当の医師に相談をするということが重要です。



レーシックの基礎
 
 
2007© 視力回復.com .All Rights Reserved