レーシックは人気のある安全な視力回復治療です
TOP >> レーシックの基礎 >> レーシックとは
レーシックとは
 

近年注目を集めている「レーシック」というものをご存じでしょうか?メガネやコンタクトに代わる第三の方法として高い注目を集めている視力矯正法の総称を“レーシック”と言います。

タイガー・ウッズなどのスポーツ選手をはじめ、様々な著名人もこの方法により視力を取り戻したことで、メディアでも取り上げられています。

レーシックは、角膜の手術により視力の回復を図るもので、日本では、2000年に厚生省の認可がおりて安全性が確認されると共に急速に広がった方法です。

レーシックとは、エキシマ・レーザーを使って角膜の中央部を削ることにより、角膜の形状を変えることによって 屈折率を変化させ、視力を回復させる方法です。


世界的に普及しているレーシック
 

レーシックは現在では世界中に広がった視力矯正施術となっています。

きっかけとなったのは、世界でも基準が厳しいと言われるFDA(アメリカ食品医薬品局)が1995年にレーシックに使われる“エキシマレーザー”と言われる装置による治療を認可したことによるようです。


レーシックの誕生
 

レーシックを含む近視治療の起源は1930〜50年代にさかのぼるといわれています。

当時、順天堂大学の佐藤教授が、“角膜にメスで切りこみを入れることによって角膜のカーブを弱め、視力を矯正するという方法を行っていた”というのがレーシックの誕生だったと言われています。

しかし、当時の技術や設備では、術後に障害が起こることがあった為、日本では、その後の発展はありませんでした


レーシックの現状
 

1995年のFDAの認可により急速に普及していったレーシックですが、世界では毎年100万人以上が手術をしているのに対し、日本では、わずかに5万人程度しか普及されていません。

その背後には、「手術は最後の手段であるべき」という医学会の考え方があるようですが、日本では、著名人のレーシック利用などの口コミにより、年々利用者が増えているようです。


レーシックの基礎
 
 
2007© 視力回復.com .All Rights Reserved