レーシックは人気のある安全な視力矯正治療です
TOP >> 費用 >> 医療保険
医療保険
 

レーシックは自由診療である為、健康保険が適用されませんが、各保険会社で加入する生命保険や医療保険が適用になる場合があります。

また、レーシックによる手術に対して保険金が給付されるのは“感覚器・視器の手術”などの特約に加入している場合になる為、その保険会社では給付の対象になっていても、加入の条件によっては給付はされません。


給付金
 

仮に加入している保険内容で適応になった場合であっても、加入条件によって給付金の金額が異なってきます。

例えば、

(手術給付金) = (入院給付金日額) × (給付倍率)

の算出法で“10倍”と設定されていた場合、(入院給付金日額)が1万円の保険であれば、“10万円”が手術給付金として給付されますが、(入院給付金日額)が5,000円の設定で加入している場合には“5万円”の給付金になります。

※算出法や設定の倍率などは、各保健会社にお問い合わせ下さい。


手続き
 

生命保険などの給付金を受け取るには、所定の申請手続きを行わなくてはいけません。

保険会社に申請を行う場合、殆どの保険会社では「レーシック」という言葉は浸透してないらしく、正式名称である「レーザー角膜屈折矯正手術」と伝えて申請することになります。

一般的には、保険会社から規定の「医療証明書(診断書)」を受け取り、手術を受ける病院で、その証明書の内容とサイン・印鑑をもらってくる必要があります。

この証明書の発行(サインや印鑑など)には、通常、発行手数料がかかり、多くの場合3,000円〜1万円かかるそうです。

この手数料は、自己負担になってしまうので、その分の費用も考慮に入れておく必要があります。

ただし、病院によっては無料で発行している場合もあるので、そのような病院を選択することで余計な出費を抑えることにもなります。



費用
 
 
2007© 視力回復.com .All Rights Reserved